保育士の資格を取得する方法は2通りあります。一つは、保育士養成施設を卒業する方法ともう一つ国家試験に合格する方法です。養成施設は、4年制の大学、短大、専門学校とあります。それぞれ、教育課程が異なりその養成施設でしか学べない事があります。

今回は、短期間で資格が取得できる専門学校について説明致します。専門学校に進学すると、・卒業と同時に資格を取得。・2年間の通学で資格を取得出来る。(3年生の専門学校もあり)・昼間、夜間と自分のライフスタイルに合わせ通える。

(時間帯のコースが決められる)・学校により、幼稚園教諭など他資格も取得可能。・保育現場ですぐに役立つ知識、技術が学べる。・4年制大学に比べて学費が安い。など、短期間で集中的に技術や知識を学ぶ事ができます。

また、専門学校選びには指定校か併修校なのかをしっかり把握しなければなりません。指定校とは、厚生労働省・文部科学省の指定を受けた学校で、必要な単位を取得し卒業すると保育士、幼稚園教諭の免許を取得する事ができます。併修校とは、厚生労働省の指定のみ受けた学校で、保育士資格と一緒に幼稚園教諭の免許を取得したい場合は、通信教育課程(短大)などのカリキュラムも修了する必要があります。近年、保育園と幼稚園を一体化という『幼保一体化』などの考えが普及し始めた事で認可こども園が増加しています。

認可こども園では、保育士と幼稚園教諭の資格を両方取得していないと採用条件に当てはまりません。ですので、進学する際には、将来どこで働くのかをしっかり考えてから進学しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です