保育士の資格を取得する方法は2種類あり、保育士養成施設を卒業するか通信制教育などで勉強した後国家試験を受験し合格するという方法です。養成施設というのは、4年制の大学や短期大学、専門学校のことを指し、短期大学や専門学校の場合2年制と3年制があります。学費など費用を抑えて早く現場で活躍したい、充実した就職サポートを受けたいという人には専門学校がおすすめで、学校によっては幼稚園教諭の資格も取得できるので、そちらも取得したい場合は取得可能な学校もあります。専門学校には指定校と併修校があり、この違いは厚生労働省と文部科学省から指定を受けているかどうかの違いであり、指定校の場合卒業と同時に保育士と幼稚園教諭の資格を得ることが出来ますが、併修校の場合は通信教育を修了しなければ幼稚園教諭の資格は取得できません。

ですので、幼稚園教諭の資格を取得したいかが決めるポイントになります。また、2年制と3年制があると先ほど記載しましたが、基本的には2年制の学校が多く、中には夜間課程の学校もあるので働きながら勉強をしていくことも可能です。では、2年制と3年制の違いは何かと言うと、簡潔に述べるとじっくり実践に向けて勉強するか、少しでも早く現場に行くことを念頭に入れて勉強するかという違いです。時間をかけて勉強していきたいという人には3年制の学校が向いていますし、2年制よりもより深く勉強できるので多くの知識を身に着けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です