犬の基礎から学べる犬の在宅看護士

犬の在宅看護士は一般社団法人全日本動物専門教育協会の資格で一度取得すれば更新のいらない永久資格です。

資格の取得には通信講座があり、体温計や聴診器などの実習教材もあるので学びながら日常看護ができます。

こだわりの高い犬の在宅看護士について知りたいならこちらです。

自宅で愛犬の看護や介護がしたい人や犬という人や動物をしっかり知識として学びたい人などに向いています。



カリキュラムは犬の歴史や習性、役割や犬種といった基礎的な内容から学んでいきます。

現在の動物に関わる法律や犬の扱い方、解剖生理学や基礎獣医学や栄養学といった幅広い分野で学んでいき犬への理解を深めていきます。

犬の健康状態や子犬が始めてきた場合、幼齢や動物の病気の日常看護等も学ぶことができます。
犬の体調や些細な変化についても学んでいくので犬の在宅看護士を取得後はペットサロンやペットホテル、犬のしつけ教室やドッグカフェ、ペットシッター等で活躍することができます。



犬の在宅看護士の資格を取得する人は家族の一員として過ごしている犬がシニア期を迎えていたり、病気をしたことがきっかけで取得を考える人も少なくはありません。

犬の身体の構造や仕組みを学ぶことによって小さな変化も理解できるようになり不安に思っていたことも解消される場合もあるようです。専門的な部分では獣医師の判断を仰ぐのがベストですが日常的な体調の管理やケアを学べるので獣医師の説明もしっかりと理解することもできるようです。
言葉を話さない家族の為にできるだけの事をしたいと思い取得する人もいる資格です。

top