保育士は、仕事と育児を両立させる保護者を支え、乳幼児の保育、成長をサポートするのが仕事です。乳幼児を預かり、保育するためには、そのための十分な知識が知識が必要となります。保育士になるためには、国家資格である保育士資格が必要です。厚生労働省に指定された大学、短期大学、専門学校を卒業すれば、無試験で取得することが可能です。

専門学校の場合は、幅広い知識を学ぶ大学などとは異なり、さらに専門性の高い授業を受けることが出来ます。現場ですぐに役に立つ実践的な指導が行われます。短期集中型で効率のよいカリキュラムが組まれています。保育の専門学校には、文部科学省・厚生労働省に指定された指定校と、そうでない併修校があります。

指定校では、卒業と同時に、幼稚園教諭二種免許と保育士資格が取得できます。併修校の場合は、多くの場合、厚生労働省のみの指定のため、幼稚園教諭免許は短期大学等の通信教育課程を併修し、取得を目指すことになります。所定の単位を全て修得すると、卒業と同時に、その専門学校で資格を取得し、専門士の称号が付与されます。専門学校の場合、専門知識や専門技術が就職の際の、最大の長所となり、大学や短期大学に比べ、就職率も安定しています。

共働きの家庭も増え、子供を保育所に預けたい人が増加している今、保育所が増え、保育士が不足していると言われています。今日、世の中から大変必要とされている、責任のある職業といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です