保育士の資格を取得しようと考えたとき、4年制の大学や短期大学、専門学校に進学するか、通信制教育を受講し国家試験を受験するか悩む所ではないでしょうか。それぞれにメリットはありますし、もちろん多少なりともデメリットもあります。通信教育の場合、低価格で尚且つ自分の空いた隙間時間で勉強し受験後取得出来ますが、実践的な教育は受けることが出来ませんし、逆に4年制の場合は実践的な面は充分充実しており時間をかけて深く勉強し単位を取ることで取得することができますが、学費などの費用は一番高くなります。短期大学や専門学校の場合、4年制と同様に実践的な勉強も充実し単位を取ることで保育士の資格を取得できますが、一般的には2年制と短い期間で勉強していく必要があります。

もちろん、2年制だけではなく中には3年制もありますし、夜間課程もあります。保育士の専門学校は、先ほども記載したように2年制が主流で指定校と専修校の2種類に分けられます。これらは簡単に説明すると厚生労働省や文部科学省が指定しているかどうかの違いと、幼稚園教諭の資格が卒業と同時についてくるかの違いです。幼稚園教諭の資格も取得したい場合は、指定校を選択するほうが良ほうがいです。

もちろん、専修校でもスクーリングなど通信教育を受ければ資格を取得することも可能ですが、最初から取得したいと考えている場合は指定校が無難です。また、学費などの費用を極力抑えた上で早く現場で働き活躍したいと考える人には専門学校はおすすめです。もし、もう少しじっくりと深いことも学びたいと考えるのならば3年制を、働きながら勉強したい人は夜間課程を選択するという方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です