保育士は子供の成長を近くで見守る事の出来る素晴らしい仕事です。最近では重労働で低賃金というイメージをもたれる場合もあり、保育士が不足している現状があります。大変な仕事ではありますが、やりがいのある仕事です。保育の専門学校に行けば、保育士と幼稚園教諭の資格が取れます。

無事に卒業すれば、卒業証書と一緒に資格証が貰えます。国家試験を受ける必要がないのはメリットです。しかし専門学校では、かなりハードな毎日になるので覚悟して入学をしなければなりません。入学後にやめてしまう人もいるからです。

保育の専門学校では保育に関わる勉強を行います。子供の栄養や心理学や保健などの授業があります。他には体育の授業や工作や音楽なども行われます。音楽の授業ではピアノの授業があります。

ピアノが初心者の人でも1から教えて貰えます。専門学校では、幼稚園が併設されている場合が多いので、そこで実習も行われます。2年生になると、自宅の近くの保育園や幼稚園に振り分けられて、それぞれ数週間の教育実習に行きます。クラスに入って先生の仕事を実際に見る事で、詳しい仕事内容が分かります。

実習中には1日実習が行われて、担任の先生の代わりにクラスを任されます。大変充実した数週間になるでしょう。専門学校では、保育園や幼稚園からの求人が多くきます。先生方から就職のサポートをしっかり行って貰えますので安心です。

ほぼ100パーセントの人が保育園や幼稚園に就職しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です