保育士の仕事に就くために必ず必要となるのが資格です。この資格は試験を受けて合格する方法もありますが、大半は厚生労働省が認定している養成校に2年から3年程度通って、卒業と同時に資格を得る方法を選んでいます。学校に通う時間や経済的な余裕がある方には、試験を免除される方法がおすすめです。養成校には、保育以外の勉強もできる大学や短大のほかに保育の専門学校も選択肢としてあります。

卒業後の進路が保育に絞られており、ほかの業界や職種を考えていない場合は専門学校が一番効率よく保育の現場で役立つ授業を受けることができます。保育の専門学校も学校ごとに重視している科目やカリキュラムが違い、特色があります。大きく分けると実習に重きをおいているタイプの学校では、入学してすぐに実習に入るカリキュラムになっていたり、講義よりも実習授業に時間を割いている場合があります。就職後に即戦力として働きたい人には実習に力をいれている学校が合っています。

それ以外では、ピアノやあやとりなどのお遊戯の部分に力をいれている学校もあります。保育士の仕事内容にはピアノ演奏も必要となってきますので、ピアノ演奏の経験がない方にはこちらのサポート体制が充実している学校はおすすめです。保育士の仕事は、給料や福利厚生などの待遇面が低いことが社会問題となっています。しかし、今後も共働き世帯が増えていくことを考えると需要は高まっていくため、いずれ待遇も改善されると考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です