将来保育園で保育士として働きたい人もいるでしょう。保育士は重労働で低賃金というイメージを持っている人も多いでしょう。確かにその様な場合もありますが、毎日子供の成長を近くで見守る事が出来る素晴らしい仕事です。保育士の資格を取得するには、大学に行くか専門学校に行くかの洗濯になります。

通信教育と言う方法もありますが、自分で勉強するのはかなり難しい為、あまりお勧めは出来ません。保育の専門学校に興味があるという人もいるでしょう。専門学校は、入学試験はありますが、大変入りやすくなっています。なので大学受験の様な辛い勉強をしなくても比較的簡単に入学できるのがメリットな点です。

入学するのは簡単でも、学校生活はかなりハードになります。毎日ぎっしりと授業が入っているからです。講義を受けるだけの授業は少なく、体育や音楽などの授業が多いです。体育では子供向けのリトミックやダンスの授業があります。

また子供向けの集団遊びなども教えてもらいます。音楽ではピアノの授業があります。ピアノを習っていた人は良いですが、初めてピアノを習うという人は先生に教えて貰えますが、かなり大変になります。教育実習もあります。

保育園と幼稚園に実習に行きます。先生の仕事内容が良く分かるので大変勉強になります。専門学校では、定期的にテストが行われて成績表も貰えます。頑張って卒業出来れば国家試験なしで保育士と幼稚園教諭の資格証が得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です