保育士になるためには、国家資格が必要です。その方法というのは、2つあります。ひとつは、厚生労働大臣の指定する大学、短大、専門学校に通い、必要な単位を取得し、卒業する方法です。もう一つの方法が、保育士試験に合格することです。

試験は、最低でも高校卒業資格が必要となります。合格率は、2割と難易度の高い試験で、なかなか独学だけでは、合格が難しい試験です。これらの条件で、今回は、専門学校に通うという、比較的、保育士にはなりやすい方法について見て行きたいと思います。まず、卒業をすれば、保育士を得られるという利点が専門学校にはあります。

また、二年制か、三年生で、卒上資格を得ることが基本的にできるようになっているので、大学で四年間通うことを考えれば、短時間での資格取得が可能となっています。柔軟にスケジュールを組みやすいので、ダブルスクールであったり、仕事の後に、通学することも可能となっています。専門で勉強をすることで、より専門的な知識も身につくので、大学で、一般的な学問を勉強するよりも実学志向の方であれば、専門学校の方が良いのかもしれません。一方、最短二年で資格が得られる分、詰め込み教育であるという指摘も少なからずあります。

ゆっくり時間を取れる方は、三年生を選んだほうが良いかもしれません。また、保育以外の勉強ができないので、大学のように、学びながら先の進路を決めるというやり方ではなく、保育士にどうしてもなりたいという方の方が、おすすめです。これらの点を踏まえた上で、意義を感じられる方は是非、専門学校にチャレンジしてみては、如何でしょうか。保育園での子供たちの天使の笑顔に囲まれる最高の職を得られるチャンスを逃す手はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です