音楽業界の人気は根強く、将来ミュージシャンやプロデューサーになる事を夢見る若者が多くいます。独学で音楽を習得し、スカウトやオーディションでチャンスを掴める人は少数。業界に人脈を作る意味でも、音楽専門学校で教育を受けるのが手堅いコースと言えます。通常は高校卒業後の2年間が、音楽専門学校で学ぶ期間です。

卒業後はプロミュージシャンとしてデビュー、マネジメントや楽器製作会社への就職、イベント裏方や演奏のインストラクターなど、それぞれの道へ進みます。学費は一般的に年間100万円程度で、奨学金制度を活用する生徒もいます。音楽専門学校のカリキュラムは多岐にわたりボイストレーニングや楽器、作詞作曲はもちろん、音響機材や照明など裏方の仕事も身につけられます。最近ではボーカロイド曲の作成、アニメソングの歌唱法、アイドルのファンクラブ運営など特別な分野の授業も人気を集めています。

学んでいく方法は学内の講義とレッスンに加え、イベントやコンクールのような実戦を通してスキルを高めていきます。オーディション対策や自主制作CD、動画サイトへの投稿など、デビューへ近づく道筋についてもプロからアドバイスを貰えます。パフォーマンスの技術を磨くのはもちろん、自分を「どう売り込んでいくか」がより重要になっている時代。音楽そのものだけでなく業界の動向や、自分自身をプロデュースする術も同時に学べるのが音楽専門学校。

費やす時間とお金は、後々の財産になっていくと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です