現在、待機児童の数が多く、社会問題となっています。というのも、待機児童の数が多ければ、それに比例して仕事に就くことのできない親の数も多くなるからです。そうなると、経済的にも厳しくなってしまいます。そのため、現在では保育士の社会的役割は大変大きくなってきています。

そんな保育士になるためには専門学校や短大で必要なカリキュラムを履修して卒業する必要があります。保育士になるために専門学校や短大で学ぶこととして、子供の発達についてや、発達心理学や栄養学といったものも学びます。また、ピアノも学びます。これは卒業後に現場のお遊戯会や歌を歌う時等に必要とされるスキルであるからです。

そのため、最低でもバイエルを全て弾けるぐらいにはならなくてはなりません。短大や専門学校ではこの他、保育の現場への実習にも行きます。実習では、保育園で保育士がどのようにして児童と関わっているかや、保育園での一日の流れ等、教科書では学ぶことのできないこと等を学びます。また、実習では現場で抱いた疑問等を直に質問することもできます。

このように、専門学校で2年間という短い期間で学ぶことは大変多いですが、仕事のやりがいは大いにあると言えます。また、近年、政府が保育士を取り巻く労働環境を少しでも改善しようという動きも出てきているため、待遇面でも少しずつ良くなってきています。そして、それに伴って、現場で働く仕事の負担も少なくなり、働きやすくなってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です