保育士になるための専門学校があります。こちらは、指定校であれば、卒業すると資格が取れます。指定校ではない場合は、短大の通信課程を受講することによって、卒業と同時に資格が取れるようなカリキュラムになっている学校もあります。こちらは、短大の卒業も必須ですが、卒業できれば短大資格も取れるというメリットがあります。

ただし、短大の方の授業もこなさなくてはならないため、大変です。わかりやすさでいえば、指定校の方が良いです。保育士の専門学校は、大学や短大の保育士になるためのコースに比べると、実践的なカリキュラムが特徴です。付属の保育園がある所も多く、実習する機会も豊富です。

そのため、即戦力として活躍できる人材になりたいと考えているのであれば、専門学校がおすすめです。専門学校なら、すぐに活躍することのできる人材となることができますし、指導も実践を意識したものになっています。修業年限は、昼間コースの場合は2年が基本です。夜間は3年となっています。

ただし、中には夜間主コースといって、夜間が主でありながら昼間の授業も活用して、2年で卒業できる学校もあります。夜間は、働きながら学校に通いたい方や、ダブルスクールで大学とは別に通うという方が利用しています。両立することは大変ではありますが、目的医師がしっかりとしている方が多いので、夜間コースの卒業生は優秀な方も多いです。多くの学校が夜間コースを導入しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です