保育士になるための専門学校があります。タイプは、厚生労働省の指定を受けている指定校と、併修校です。前者は、十分な施設と教育体制が整っていることから、卒業と同時に資格を取得することが出来ます。後者は、単独では十分な施設と教育体制が整っていないので、認可を受けている提携の短大の通信課程を活用します。

つまり、短大にも同時に入学し、双方を卒業することで、資格取得をすることとなります。この内、指定校の専門学校の方が、余計な手間がかからないため、保育士となるためにはおすすめです。併修校は、短大の通信課程のスクリーニングを受けなければならないなど、余計な負担が多いです。その点指定校なら、一体的な教育体制が整っているので、余計な負担はありません。

保育士の専門学校は、短大や大学に比べて実践的な教育体制となっています。指導する講師も、実際に保育の現場で活躍する人であることが多く、実務に即した知識を教えてもらうことができます。また、実際に併設された保育園や提携先の保育園で実習をする機会も多いため、実際の現場を意識した能力を身につけることが可能です。就職支援も充実しています。

働くためには資格を取ったあとに職場を探さなくてはなりませんが、保育士になるための専門学校には求人も多く集まってきていますし、学校側が丁寧なサポートをしてくれる為、一人で就職活動をするよりも確実に働き口を見つけることが可能となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です