保育士を目指す場合、その方法には様々なパターンが考えられます。短期大学を卒業して目指すパターンや通信教育を修了し、国家試験を受験するパターンなどがその代表例なのですが、保育士の国家資格を確実に取得し、尚且つ保育園に就職して戦力して活躍することも考慮するのであれば、専門学校経由で保育士を目指すのが特におすすめと考えられます。専門学校を経由するメリットとしては、まず確実に資格が取得できることが挙げられます。例えば通信教育を利用する場合、通信教育を修了したとしても資格を得ることはできず、その後国家試験を受験し、試験をパスする必要があります。

一方で専門学校を経由した場合、正規の課程を修了して卒業することで卒業と同時に資格が与えられるので、わざわざ国家試験を受験する必要が無いのです。また専門学校を経由することで、保育園への就職を強力にバックアップしてもらえるというメリットがあります。通信教育などを利用した場合には、就職先となる保育園については自力で見つけなければなりませんが、専門学校の場合学校のコネクションや指導教員のコネクションなどで就職先の斡旋をしてもらうことができるのです。特に公立以外の保育園に就職を目指す場合、コネクションがあるか否かでスムーズに就職できるかどうかに大きく影響します。

保育士の資格を取得しただけで、保育園に就職できなければ、わざわざ資格を取得した意味がなくなってしまうので、就職をバックアップしてくれる学校は大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です