保育士を目指している方は4年制の大学を卒業するか、短期大学の卒業するか、もしくは専門学校を卒業するかの3つの選択肢が存在していますが、中でも専門学校は入学試験も面接や書類選考だけなので人気の選択肢です。そんな保育士の専門学校ですが、実は2種類の方法が存在していることをご存知ですか。まず最も一般的な方法として挙げられるのが文部省・厚生労働省が認可している学校を卒業することです。文部省・厚生労働省が認可している学校は「文部省・厚生労働省指定校」とも呼ばれていて、カリキュラムを修了して卒業するだけで保育士の資格に加えて、幼稚園教諭2種免許も得ることができます。

次に文部省・厚生労働省が認可していない専門学校があり、その学校を卒業する方法ですが、この方法は専門学校を卒業するだけでは資格の取得はできず、同時に通信制の短期大学などを修学する必要があります。そのことから「併修校」とも呼ばれていて、簡単に言うと2つの学校を同時に修学して卒業することになります。このような説明をすると1つの学校を卒業するだけで良い「文部省・厚生労働省指定校」の方が良いようにも聞こえますが、実は「併修校」にもメリットがあります。例えば通信制とは言え短期大学のカリキュラムを修了するのだから、学歴上は短期大学を卒業したことと同じです。

また選択する短期大学によってはカリキュラム内に様々な資格の取得が組み込まれているため、いろいろな資格の所得を目指している方には人気の方法です。このように2つの選択肢にはそれぞれに異なる特徴があるため、どのような違いがあるのかをよく理解した上で自分に合う方を選択する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です