現在保育士は引く手あまたな状態となっており、求人募集も多く見かける傾向にあります。それゆえに需要が高いために仕事として選びやすい傾向にありますが、そのためには保育士の資格を取得する必要があります。そのためには四年制大学や短期大学、専門学校や通信講座などで保育に関する専門的な事柄を学ぶ必要がありますが、資格取得のためには学校を卒業する方法と資格試験を受験してクリアする方法があり、より近道としてはやはり資格試験の合格を目指すよりは、学校を卒業すると同時に資格取得をする方法のが効率的です。とくに短期大学と専門学校は二年制なので、四年制大学よりも短い期間で資格取得を目指せることから注目度も高い傾向にあり、多くの人たちが利用しています。

もっとも短期大学と専門学校にもそれなりの違いが生じており、同じ二年間学ぶといっても、専門学校の方が全体的に学費は短期大学よりも安いことが多く、学ぶ内容についても学校にもよりますが、講義なども重視している短期大学よりも実技や実習に強い傾向にあり、そのために卒業後に保育園に就職すると、即戦力として活躍することが可能です。また専門学校ならば昼間だけでなく夜間学校も存在しており、夜間学校ならば通信講座のように働きながら保育士の資格を得るために勉強することも可能ですし、通信講座と違って後から資格試験を受ける必要もなく、卒業とともに保育士資格を取得できるというメリットも存在しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です