現在、待機児童が多く、働きたいと考えている女性も子供を預けることができず、大きな社会問題となっています。しかしながら、こうした背景を抱えながらも保育士は勿論、保育士自体の数が少ないのが現状です。そこで、現在では待機児童の数を減らそうと政府も重い腰を上げるようになってきており、それに伴って保育現場のスタッフの待遇も改善されるようになってきました。そんな保育士になるには短大や専門学校で必要なカリキュラムを履修し、国家資格を取得する必要があります。

短大や専門学校で学ぶこととしては保育一般についてや、保育に関連する発達心理学や栄養学、教育学といったものも学びます。また、こうした一般知識に加え、短大や専門学校ではピアノも学習します。これは保育園のお遊戯会等に対応するためです。そのため、最低でもバイエルンは全て弾けるようになる必要があります。

この他、短大や専門学校では保育現場への実習にも行きます。これは実際にどのような働きがあるのかということや、教科書にはない不測の事態への対応の仕方を学ぶきっかけとなります。また、現場のスタッフにわからないこと等を直接質問をする良い機会にもなります。そのため、実習に行くことは非常に意義あることと言えます。

保育士は専門学校や短大を卒業することで概ねなることができますが、幼児を相手にするということもあり一筋縄ではいかない職種でもあります。しかし、やる気を持って臨めばやりがいのある職種である他、政府の介入もあり、将来的に輝かしい職種でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です