火災保険で雨漏りは対応できるか?

火災保険の免責事項のひとつに経年劣化があります。免責とは責任を免れるという意味で、保険会社はその事項については保険金を支払わないという意味になります。火災保険はあくまでも火災や風水害の損害を回復させる物です。古くなって自然劣化した家の修理までも保険で簡単に直せたら、保険金の支払いが爆発的に増えて保険そのものが壊れてしまいます。

建物の老朽化は、突発的に発生する事故や天災と異なり、持ち主が予測でき、事前の補修や修理で充分対処出来るものなので、全ての保険会社で免責となっています。しかし、雨漏りに対して全く補償されないわけではありません。爆弾低気圧や台風などで屋根に破損が生じてそこから雨漏りが発生した場合などは、経年劣化によるものではありませんので、火災保険の適用を受ける事が可能です。不測かつ突発的で外来の事故によるものを支払い対象とするのは、損害保険の基本的な考え方です。

従って、雨漏り被害のその原因が、予測できないもので、かつ突発的に発生したもの、外部からの原因によるものでしたら、保険を使える可能性があります。砕けた言い方をすれば、事故なのか、そうではないのかです。事故により雨漏り被害が発生したかどうか、判断するのは保険会社の鑑定人になります。家主や修理業者や保険の代理店ではありません。

第三者である資格を持った鑑定人が保険適用出来る案件かどうかを判定します。その為、火災保険が適用出来るかどうかは保険会社に事故の報告を上げて調査してもらう必要があります。火災保険は自動車保険とは違い、保険を使った場合に次年度の保険料が上がる事はありません。事故なのか、劣化なのか判断に迷う時でも相談はするべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です