雨漏りの修理には火災保険が使える場合があります

台風による強風などで雨漏りが発生した場合、修理をしようと思ってもどれだけの費用が掛かるのかわからなくて不安になることも多いものです。雨漏りは、最初は大したことがないと思っても、放置しておくことでその周辺が傷んで甚大な被害につながることもあります。ですから、できるだけ早く修理をするに越したことはありません。もしも、あなたが火災保険に加入されているなら、保険証券を確認してみてください。

火災保険には、火災被害の基本補償の他に、「風災・雹災・雪災」の補償があるものがあります。「風災」補償にも加入していれば、強風による災害によって、建物や家財が被害に遭った場合に、その損害金額を補償してもらえます。ですから、台風や突風や強風などによる破損のために雨漏りが発生した場合は、火災保険が効くことが多いと考えてよいのです。補償内容が確認できたら、被害がどの程度なのか確かめる必要があります。

屋根などの雨漏りは危険を伴うこともありご自分の目で判断することが難しいので、専門の業者に調査を依頼するほうがよいでしょう。無料で調査をしたり修理の見積もりをしてくれる業者もありますので、まずは調査依頼をしてみることです。業者も様々なところがありますが、検索サイトや業者のHPなどで選んで連絡をとり、信頼できる所を選ぶようにしましょう。また、火災保険のための調査に詳しい専門業者もありますので、そのようなところを選んでもよいでしょう。

ご自分では火災保険はおりないだろうと思っていたものでも対象になることがありますので、まずは保険内容の確認をし、業者を選んで調査をして、早めに修理を行うようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *