雨漏りも火災保険で修理することができる

火災保険はその字の通り火災の時に自分の家や延焼してしまった近所の家の補償を行ってくれるものだと思われがちですが、実は雨漏りの時も火災保険を利用して0円で修理を行うことができる可能性があるのです。怪しい方法じゃないの?と不安になる人もいるかもしれませんが、きちんと保険会社との契約に基づいた補償範囲で行ってもらうものなので、心配なく保険の請求をしても問題ない方法になります。火災保険は火災の時の保障の他に、風災、雪災、ひょう災の場合にも保障があります。台風や強い風で屋根が破損してしまい、それが原因となって雨漏りが発生している場合には十分に火災保険の保障の範囲内となります。

保険を使えるかどうかを判断するのは第三者機関であり資格を持った鑑定会社に保険を使えるかどうかの鑑定を依頼します。そこで鑑定会社が屋根の状況などをチェックして保険会社に被災額などを提出するという流れになっています。私たちがわからないようなところでも、鑑定会社の鑑定によって風災として保険で屋根の修理を行うことも可能になるのです。注意点として雨漏りの原因が強い風による屋根などの破損の場合、申請を行うには期限が定められています。

台風など強い風によって被害を受けてから3年以内に保険会社に連絡を行わなければ失効してしまい、本来なら火災保険が使えた破損をすべて自費で行わなければいけないという事態になってしまう可能性がありますので、早めに申請を行っておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *