水漏れつまりを解消する為のポイント

水漏れやつまりは水道トラブルの定番で、築年数の古い老朽化が進んでいる建物だといつ発生してもおかしくないものです。特に、マンションの上層階で発生すると厄介ですし、発生から解決まで長引くと下階に影響を与えてしまいますから、早く修理を済ませるなどして解消する必要があります。水漏れは水道管の破損だったり、つまりによって溢れた水が周囲に広がり、やがて床に染み込み下階へと流れていきます。水漏れには原因が外から分かる場合と、特定が難しくプロでなければ太刀打ちできない2つのケースがあります。

前者は目に見える形で不具合が生じるので、例えば雑巾や古着などに水を染み込ませて被害拡大を抑えられますが、後者は詳しく調べないと原因箇所が分からないので対処は困難です。現実に水漏れに遭遇してしまった場合は、ひとまず深呼吸をして落ち着きを取り戻し、冷静に状況を確認することをおすすめします。元栓が閉められるなら閉めてみるのも手ですが、上水道の元栓より前でトラブルが発生しているなら効果なしです。一方でつまりの方も、溢れ出た水が流れきらない限り辺りを濡らして被害拡大が続きますから、速やかに修理のプロに相談して根本的な解決を図ることが重要です。

つまりは、軽微なものだと時間の経過で自然に解消することもありますが、再発するリスクが残るのでやはり根本的な解決は必要です。水漏れとつまりがセットで発生すると大変ですが、十分に起こりえるトラブルのケースなので、常に最悪を想定して相談先を決めておいたり、時間稼ぎの応急処置も含めて備えておくのが正解です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *