福岡でお台所の水漏れ修理が必要になった時には

福岡に暮らしていると、お台所の水漏れを一度は経験した方もいるはずです。ハンドルを開くたびに蛇口の周辺からチョロチョロと水が流れ出す、ハンドルを閉めても吐水口からポタポタと水が止まらない等、福岡でも様々な事例が報告されています。見た目だけで判断してそのままにしておくと、やがて周囲の建材や水道設備にまでダメージが拡大し、深刻な事態を招くこともあり得ます。したがって速やかに対処しなければなりません。

お台所の蛇口が水漏れする原因の多くが、パーツ類の経年劣化や故障にあります。水道の設置から10年も経過すれば、大抵は経年劣化が進み、何らかの異常が目立ち始めます。例えばシングルレバーの蛇口で水漏れが始まったら、レバー内のバルブカートリッジの故障や、接合部分のパッキンの損耗などを推測すべきでしょう。あるいはツーハンドルの蛇口の場合には、カートリッジやパッキンの劣化の他にも、単純なナットの緩みを疑ってみるものいいかもしれません。

修理ではナットの緩みを締め直す程度なら、素人の方でも比較的簡単です。また日頃からDIYに慣れている方ならば、水栓コマやパッキンの交換などは、余裕をもって修理を進めることもできるかもしれません。しかしツーハンドルタイプのように構造の複雑な蛇口や、部品の取り寄せが難しいバルブカートリッジの交換のようなケースでは、素人の方では難しいのが現実。そこで福岡で水道修理に実績のある専門企業へ、相談することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *