トイレの温水洗浄便座の水漏れ修理なら

一般家庭では温水洗浄便座のトイレがだいぶ普及するようになりました。それにともなって、温水洗浄便座にまつわる水のトラブルも数多く報告されています。まずその中でも特に多いのが、ノズルにまつわるトラブルです。ノズルからいつまでもチョロチョロと水漏れするのであれば、ノズルの中に内蔵されているパッキンの経年劣化や、バルブユニットの故障が推測されます。

あるいは自動洗浄機能の誤作動も考えられます。修理では温水洗浄便座の本体を分解して、ノズルやバルブユニットごと交換するケースがほとんどです。さらに水漏れを通り越して、ノズルから水が止まらなくなってしまうケースも見られます。原因としては壁付きリモコンの電池切れで、止まるボタンが反応しなくなっていたり、温水洗浄便座の装置内の電気系統が何らかの異常があるなど、様々な原因が考えられます。

電池切れであれば新しい電池に交換するだけで止まりますが、装置内に原因がある場合には、部品の修理や交換あるいは装置本体の交換まで、ケースバイケースです。温水洗浄便座のノズルから、水の出が弱くなるケースも珍しくありません。温水洗浄便座のタンクとつながる給水管から水漏れしていると、ノズルへ十分な水が供給できなくなり、水の出が弱くなることがあります。その他の原因であれば、ノズルに尿石やカルキがつまって、水の出が悪くなるケースもあり得ます。

給水管の修理では接続部のパッキンの交換や、ナットの締め直しが考えられます。またノズルをブラシや掃除機能によって、つまりの解消を図ります。トイレの温水洗浄便座は電化製品であり、修理には専門的な知識や技術が必要です。素人の方では難しい上、作業中の感電や漏電による火災の心配もあります。

必ずトイレ修理の専門会社へ依頼しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *