トイレの水漏れ修理はどうするか

トイレは日常生活で繰り返し使用するため、劣化や故障が起きやすく、色々なトラブルに見舞われることで知られます。その中でも典型的なものが、水漏れや水の流れに関するトラブルです。トイレタンクに接続されている給水管からポタポタと水が滴り落ちる、便器と床の隙間から水がにじみ出る、ウォシュレットのノズルや内部から水漏れする等、トラブルの内容も様々。さらに水の流れに関するものでも、便器に流した水が止まらない、タンクに水がたまりにくい、あるいは便器への水の流れが悪い等、様々なケースが見られます。

いずれにしても、そのまま放置するのはよくありません。最初は小さい症状に見えても、やがて周囲の建材や水道設備にまでダメージを与えるような、深刻なケースへつながることもあるからです。したがって速やかに修理すべきでしょう。前述した給水管からの水漏れの原因がナットの緩み程度であれば、家庭にある工具で締め直すだけで、素人の方でも簡単に解決できます。

また便器の水の流れが悪い場合には、タンク内の浮き玉を元の位置に戻したり、ゴムフロートやボールタップを掃除するだけで、水の流れを正常化することも可能です。その一方で、専門の水道修理会社へ依頼しなければならないケースもあります。例えば便器やタンクにヒビが入って水漏れするなら、丸ごと交換する必要があります。またタンクに水がたまらない原因が、あまり市販されていないダイヤフラムの劣化であれば、メーカーから取り寄せなければなりません。

さらに電化製品のウォシュレットの修理では、感電や火災といった危険が伴うため、専門的な知識や技術が必要です。いずれにしても速やかに、トイレ修理で実績のある会社へ連絡すべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *