古くなったトイレは修理とリフォームの両方を考えよう

生活の中で重要な役割を果たしているトイレは、毎日何度も使う場所なので劣化しやすく、トラブルも起きやすい場所です。特に7年から10年と言われている耐用年数をこえて使用しているトイレは、水道管やタンク内で使用されている部品が劣化したり、汚れや臭いが蓄積して清潔感を維持しにくくなったりしてきます。10年や15年以上使用している場合、故障したときに修理をしてもう少し使おう、どうしようもなくなったらリフォームをしようとなんとなく後回しにする人も多いのですが、修理をするかリフォームをするかは早めに検討しておくことをおすすめします。古いトイレを使っている場合、ある場所が故障すると他の部分も耐用年数をむかえていることが多いので、次々と故障が連続する場合があります。

1か所修理をしても、短い期間に他の場所も劣化による不具合を起こしやすいということです。最初の一か所の費用は安く済むかもしれませんが、何度も修理を重ねていると金銭的にも時間的にも交換したほうが良かったということになる可能性があります。古くなったトイレは、故障個所を直すだけでなく、リフォームも考えた方がお得になることも多いのです。最近では節水タイプで、古いタイプのトイレと比べると水道代がかなりお得になる製品も増えてきています。

部品の交換や修理代金、水道代を考えるとリフォームをした方が数年後にお得になることを考えると、安心とコストパフォーマンスを考えて決めることがおすすめなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *